Sponsored Link

ゴーヤの栄養

ゴーヤ

ゴーヤの栄養について



夏は暑さに負けていつも夏バテしまう人……暑いからといって冷房の効いた部屋に閉じこもっていては逆効果ですよ。
暑いと食欲もなくなりますが、しっかり食べて英気を養えば夏バテは怖くありません。
そんな夏バテ対策にベストな野菜が、ゴーヤです。

ゴーヤには他の夏野菜と同じく体の熱を冷ましてくれる働きと、喉の渇きを癒してくれる働きがあります。
そして暑いと汗をかきますよね?
汗をかくとミネラルが失われてしまうのですが、ゴーヤはその失われたミネラルやビタミンを補給し、胃液の分泌を促して食欲を増進してくれる働きもある、正に夏バテ対策にはピッタリの野菜なんです。

そして夏、女性にとっては暑い日差しによる日焼けが一番の大敵となります。
日焼けは健康的に見えますが、実際には肌の軽度のヤケドです。若い内はいいけれど、年を取ってくるとその日焼けはシミやソバカスとなって出現してくる……!
何とも恐ろしい話ですが、ゴーヤはそのシミやソバカスから体を守る、ビタミンCがたっぷり含まれています。
予防だけでなく肌にハリも出てくるので、美肌を目指す人もゴーヤを夏に食べましょう。

因みにゴーヤは苦く、その苦味が嫌いという人も結構いますよね。そんな人はゴーヤを割った時に中にある、白いワタの部分をスプーンなどで取り除きましょう。そんなに神経質に取らなくても大丈夫、ちょっと取るだけでかなり苦味が軽減されます。また料理の手間を惜しまない人は、一度さっとお湯で茹でたり、塩もみをすることも効果的です。

ですがゴーヤはあの苦味が美味しく、食欲増進につながりますので、あまり苦味を気にしないで食べる方が良いかと思います
。沖縄風にゴーヤチャンプルーにすると、卵や豆腐が入るので苦味が軽減されて美味しく食べることができますので一度試してみて下さい。特に夏の暑い時期に食べると、あの苦味もまた良いものだと分かって貰えるかと思います。
(参考:ツルレイシwikipedia)

スポンサーリンク