Sponsored Link

きのこの栄養

きのこ

きのこの栄養について



きのこは栄養がない食品と思われていますが、カロリーが殆どなく、しかも食物繊維が豊富という女性にとって強い味方です。食物繊維は摂取しても体に吸収されずに排出されますが、消化できないのでお腹を膨らまして満腹効果を与えます。つまり、ダイエットで食事を減らしている方の強い味方です。

同時に食物繊維は腸や大腸の中にある有害物質を絡め取って、体の外に出てきます。要するにお通じが良くなるのですが、有害物質がいつまでも体の中に残っていては影響が良くないのは当然のこと。体内の掃除をしてくれる食物繊維はお肌を綺麗にするだけでなく、大腸がんの予防にもなるのです。ぜひきのこをたっぷりと食べていきましょう。

ところできのこにも色々な種類がありますが、干し椎茸のようにきのこには乾燥させたものが多くありますね。この乾燥したきのこ類はビタミンDの値が高いものが多いのです。太陽の光に当てて乾燥させることで、ビタミンDがきのこの中で生成されるのですが、その上旨みも増し、保存も利くようになります。昔の人の知識は偉大ですね。

このビタミンDは、カルシウムを吸収促進する作用があります。成長期のお子さんだけでなく、お年寄りや、妊娠中の方などはカルシウムが不足しやすいので、ぜひきのこを食べましょう。同時に牛乳や小松菜など、カルシウムの取れる食品を一緒に摂るといいですね。骨粗しょう症の予防に効果大です。他にもミネラルが豊富なきのこは利尿作用があるカリウムも多く含んでいます。特に高血圧や、塩分を日頃から摂り過ぎている人はきのこを食べて、体調を整えるようにしましょう。

多くのきのこの旬は秋ですが、きのこには沢山の種類があるため、一年中色々なきのこを楽しむことができます。色々なきのこを美味しく食べて、体をデトックスして元気になりましょう。
(参考:きのこwikipedia)

スポンサーリンク