Sponsored Link

かぼちゃ(南瓜)の栄養素とカロリー

かぼちゃ

かぼちゃの栄養素とカロリー



■かぼちゃのカロリー

■かぼちゃ100gのカロリー (生の場合)

91kcal

■かぼちゃ100gのカロリー (茹でた場合)

93kcal

良く見かける、普通サイズのかぼちゃ(4分の1サイズ)は約250g前後が多い

4分の1サイズのかぼちゃを食べると約230kcalと考えれば良い。
この計算から、かぼちゃMサイズのカロリーは約900kcal程度になる。

■かぼちゃの栄養素

「カロテン」(ビタミンA)
「カリウム」
「カルシウム」
「ビタミンC」
「ビタミンB1」
「ビタミンB2」
「ビタミンE」
「鉄」

かぼちゃも、さつまいもと同様に加熱することにより、でんぷんが糖分に変わる酵素が含まれています。
かぼちゃは、ゆっくり低温で加熱すると甘みが増して美味しく食べる事が出来ると言われていますが、
今の主流の西洋かぼちゃは、でんぷんが多いので、弱火よりも強火で煮た方が良いとも言われています。

■かぼちゃに含まれる「カロテン」

かぼちゃは、トータル的にも野菜の中では栄養素の高い野菜ですが、
その中でもカロテンが特に豊富に含まれています。
このカロテンには、抗酸化作用があり、紫外線の害から体を守ってくれる効果があります。

■かぼちゃに含まれる「ビタミンE」

かぼちゃに含まれるビタミンEにも、カロテンと同様に抗酸化作用があり、細胞の老化を防いでくれる効果があります。
また、ビタミンEは血行を良くする作用があるので、肩こりや冷え性の改善に効果が期待できます。

■かぼちゃの生産地と歴史

かぼちゃの、生産量トップは北海道で日本の約4割のかぼちゃを生産しています。
次いで、鹿児島県・茨城県の順です。

かぼちゃは、カンボジアから日本の大分県に届いたのが最初で、
カンボジアが訛ってかぼちゃと言われるようになったとされています。
詳しくは、農林水産省のかぼちゃのページに記載されています。

スポンサーリンク