Sponsored Link

ほうれん草の雑学

ほうれん草

ほうれん草の雑学



■ほうれん草の栄養素

βーカロテン、葉酸、鉄、カルシウム、ビタミンC
“ほうれん草”100g中のエネルギー23kcal(参考:wikipedia)


■ほうれん草の種類や品種

  • サラダほうれん草
  • ちぢみほうれん草
  • 東洋種
  • 西洋種



■ほうれん草ののココが凄い!

“ほうれん草”βーカロテンの含有量は野菜の中でもトップクラス!また、ほうれん草に含まれる葉酸が鉄分の吸収を促進するため貧血の予防に効果があると言われています。


ほうれん草の保存のコツ

“ほうれん草”は乾燥に弱いので、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう、保存するときのポイントは茎を下にすることが大切です。“ほうれん草”は鮮度が落ちるのがとても早いので早いうちに調理しましょう。また、直ぐに使わない時は、“ほうれん草”を硬めに茹でてタッパや冷凍保存バックを使い蓋をしっかり締めて保存しましょう。

■ほうれん草の栄養をもっと詳しく!



ほうれん草といえば、緑黄色野菜のひとつとして有名です。その栄養価の高さは皆さんもご存じですよね。ほうれん草にはカロチンやビタミンの他に、カルシウムや鉄分なども豊富に含まれています。

その中でも一番ほうれん草といえば思いつく栄養素は、やはり鉄分ではないでしょうか。鉄分は血の中にある赤血球を作る働きがあります。赤血球は体内の色々な場所に酸素や栄養素を運ぶ働きをしてくれています。ですから鉄分の不足は赤血球の不足に繋がり、足りないと栄養が体に上手くいかず貧血を引き起こしてしまいます。貧血になりやすい女性や、最近疲れやすい人などはこの鉄分を多く取るように心がけましょう。


しかしほうれん草は、生で食べるとアクが強くて食べにくいことがありますよね。このアクの正体はシュウ酸塩という成分で、これを大量に摂取すると体内でカルシウムと結合して結石ができてしまい、結果的にカルシウムが体内に取り込みにくくなってしまいます。せっかくほうれん草にはカルシウムも含まれているのですから、効率よく摂取したいですよね。

このシュウ酸塩は茹でて食べることで抜けますから、できるだけほうれん草は茹でて食べるようにしましょう。もし生で食べる時には、一度に多く撮り過ぎないように注意して下さい。

因みに鉄分はビタミンCや、タンパク質と一緒に摂ることで吸収率が上がります。鉄分を効率よく摂るためには、卵や鳥のササミといった良質のタンパク質を多く含んだ食材と一緒に調理して食べましょう。冬には、牛乳でほうれん草のシチューにするのも温まって良いかもしれませんね。

鉄分は女性、特に妊娠中の女性に必要な栄養素です。レバーが苦手な方でも、ほうれん草なら食べやすいのではないでしょうか。妊娠中の方は栄養をしっかりとって、元気な赤ちゃんを産んで下さいね。

スポンサーリンク