Sponsored Link

くるみの栄養

くるみ

くるみの栄養について



くるみは昔から「貴族の美容食」と呼ばれている食材です。高エネルギーで植物性の脂肪やタンパク質は動物性のタンパク質より吸収しやすく、滋養強壮や美容に良いとされています。

その高エネルギー食材であるくるみの果肉部分は、なんと6割が脂肪で構成されています。脂肪というと体に悪いんじゃ?と思うかもしれませんが、くるみの脂肪は植物性脂肪・リノール酸がその大半占めています。このリノール酸はエネルギー代謝を良くする効果があるので、逆に肥満や糖尿病の予防にも効果的なのです。そしてこの脂肪には不飽和脂肪酸が多く含まれているので、適度に取ることで血の中の老廃物を取り除いて、血管を丈夫にしてくれます。これにより血管を若く、正常に保つだけでなく、動脈硬化の予防にもなります。

同時に含まれているタンパク質も良質なもので、カロチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミンも豊富に含んでいます。良質な植物性のタンパク質は、コレステロールを減らす効果がありますので積極的に摂っていきましょう。

余談ですが、くりみにはバストアップの効果があることを知っていますか?バストアップには女性ホルモンの他に「エストロゲン」の分泌を増やしていくことで効果があるとされています。このエストロゲンには「ボロン」(別名ホウ素)という成分が関係してきます。ボロンには身体にエストロゲンの分泌を促し、増やしていく効果があります。このボロンは、くるみを始めナッツ類に多く含まれているのです。

良質の脂肪やタンパク質に加え、ビタミンやミネラル、そしてバストアップ効果のあるくるみは女性にとって嬉しい食材ですね。ですが大量に食べるのはカロリーも気になりますので、一日に2、3粒摘んでみるのはどうでしょうか。くるみの美容成分に加えて抗酸化作用で、いつまでも美しさを保っていきましょう。
(参考:くるみwikipedia)

スポンサーリンク