Sponsored Link

カレーにあたる原因はウェルシュ菌が関係している!

カレーにあたる

カレーにあたる(食中毒)原因とウェルシュ菌について

皆さん大好きなカレーライス
カレーは煮込んだ方が美味しいと誰もが口を揃えて言うのではないでしょうか?

実際にカレーはじっくり煮込んだ方が美味しいのですが、
カレーにあたる原因はココにあるんです。

カレーにあたる原因ウェルシュ菌とは?

カレー食あたりの原因
ウェルシュ菌とは、人や動物などの腸の中などに常駐している、皆さんご存知のの悪玉菌です。
また、人や動物の腸の中以外にも、色々な場所に分布していいます。
例えば、海や土の中などにも。
この、ウェルシュ菌に汚染された(野菜や肉)物を食べる事により食中毒が発生する事があります。

ウェルシュ菌の恐ろしい所は、「加熱しても菌が死なない」という事。
むしろ、何度も加熱すると、より増えてしまうという怖ろしい状況になります。
一般的な食中毒の原因となるブドウ球菌やノロウイルスなどは加熱する事により殆どの菌が死滅すると言われていますが、このウェルシュ菌は熱に強いため死滅しないのです。

そう、ウェルシュ菌は熱に強い菌なんです。

ウェルシュ菌の増殖温度はは45℃前後で一気に増殖します。
ですから、ウェルシュ菌に汚染されたカレーを再度温めて冷ますと「増殖温度の45℃が再度来る」訳ですから、よりウェルシュ菌が増えてしまいうと言う訳です。

ウェルシュ菌による食あたりの症状

ウェルシュ菌によって食あたりが起きた場合は、ブドウ球菌やノロウイルスなどの食中毒よりも比較的病状は軽いと言われています。
ウェルシュ菌による食あたりで一番多い症状は、下痢だと言われていて、他の食中毒で起こる吐き気や嘔吐発熱などは殆ど起きないと言われています。
また、食事をしてから(カレーを食べてから)平均10時間(6~18時間)程度で腹痛や下痢が現れ24時間以降に現れる事は無いと言われています。
例えば昼の12時にカレーを食べこのウェルシュ菌で食あたりを起こしたとするならば、18時~0時位の時間で腹痛や下痢が現れる事になります。

ウェルシュ菌予防対策

カレーを作りおきする場合は、加熱してから常温放置などせず、「できるだけ早く冷却すること」が大事になります。
特に、大きな鍋でカレーを作った時などは熱が下がりづらいので、作ったカレーを小分けにして冷却スピードを速める事が好ましいです。
その後、食べる時にはしっかり加熱してから食べましょう。
ウェルシュ菌以外の食中毒菌の予防としてです。

食あたり(食中毒)は、梅雨の湿気が多い時期や夏の室温があがる時期などに増える傾向にありますので、この様な時期には意識して食中毒予防に心掛けましょう。

以上が、カレーにあたる原因はウェルシュ菌が関係している!でした。
「参考:ウェルシュ菌 wikipedia」

スポンサーリンク